Tシャツ好きの着たいTシャツ


オリジナルデザインTシャツのWEB SHOP
【ブーツ&スティックス】のblogです。
デザインのモットーはシンプル&クール。
商品紹介やお店からのお知らせを、マネージャー
hideyoの、ひとりごとにまぜてお届けします。
お店のアドレスはこちら↓【BOOTS&STICKS】
http://bootsandsticks.com

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
Others
Recommend
小さな生き物 【期間限定盤】(SHM-CD + Blu-ray)
小さな生き物 【期間限定盤】(SHM-CD + Blu-ray) (JUGEMレビュー »)
スピッツ
いまのお気に入りは「りありてぃ」
Recommend
おるたな
おるたな (JUGEMレビュー »)
スピッツ
すごくよい!!
Recommend
とげまる
とげまる (JUGEMレビュー »)
スピッツ
まるいけど、とがっていたい
だから「とげまる」だそうです。
Recommend
オキーフの家
オキーフの家 (JUGEMレビュー »)
クリスティン・テイラー・パッテン,マイロン・ウッド,江國 香織
生きることは、どうせ燃やしてしまうだけの暖炉の薪を、美しく積み上げること、と教えてくれた
Recommend
音楽堂
音楽堂 (JUGEMレビュー »)
吉野金次
音楽堂の中のいろんな曲が、気が着くと頭の中で鳴っている
Recommend
さざなみCD
さざなみCD (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
「魔法のコトバ」か「桃」
Recommend
三日月ロック
三日月ロック (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,石田小吉,亀田誠治,クジヒロコ
「けもの道」、次に「ガーベラ」
Recommend
Recommend
夢助
夢助 (JUGEMレビュー »)
忌野清志郎,仲井戸麗市,三宅伸治,Steve Cropper
booklog
facebook
オリジナルデザインTシャツweb shopはこちら
カレンダー
旅とお散歩


おもちゃ工場2008・その3
クリスマス・イヴの夜はしだいに更けていきます。

どの係りの雪だるまも、みな、今年の分の作業は終えて、
あとはたくさんのプレゼントを積みこんだ橇を見送る
だけとなりました。

疲れているけれど、みんなの顔に、充実した時間を過ごした
あとの笑顔が浮かんでいる時間です。


が、しかし。

今年は外の空気と同じくらい、張りつめた空気が
部屋の中に流れています。
そして、誰もがみな、窓の外を見つめているのです。

【足】を作った雪だるまが心配していた通り、雲はちっとも
動こうとせず、昨日一日、空にへばりつき、夜が明けて
24日になっても、イヴの陽が暮れていき、あたりが暗く
なっても、重たい雲のベールで空は覆われたままなのです。

あと数時間のうちに、サンタクロースを乗せた橇は出発
しなければなりません。
それまでに、雲が動き、月の光の通る道を開けてくれなければ
いったい橇はどうやって進めばよいのでしょう‥

ほんの一筋の光でもいいのです。
それがあれば、橇は進む方向を見極められるのですから。



花火缶が来るのを、心待ちにしていた雪だるまも、
雲が動いてくれることを、懸命に祈っていました。

プレゼントを待っているすべてのこどもたちの元へ
どうか無事にプレゼントを届けることができますように。
目をつぶり、それだけを繰り返しました。


あ、あれを見てよ。

なになに、何が光っているんだい?

周りが急にざわめきたちました。
花火の缶詰を作った雪だるまも、目を開け、空をみました。

雲のベールの間を、縫うように駆けていく光は、
花火缶にちがいありません。
花火缶が駆けた後には、虫食いのような穴がぽこぽこと空き、
そこから雲は方々に散り始めていったのでした。
突然やってきた花火缶の存在に、雲は、
やれやれしかたがない、動くとしようじゃないか、と
言ってでもいるような緩慢な動きでしたけど。


その様子を見ていた雪だるまたちは、月の光が差し込んで
きたと同時に、大きな歓声をあげました。
おもちゃ工場全体が、しあわせな空気に包まれています。


いつのまにか、【足】を作った雪だるまが隣にきて、
花火缶の雪だるまの背中を、何度も嬉しそうに叩きながら
言いました。

「やっぱり戻ってきたね、しあわせの花火缶。」

「うん。戻ってきたね。 でも、すぐに行ってしまったけどね」


そうして二人は、にっこりと互いの笑顔を見つめたあと、
大きな声で手を振りました。

「おーい、今日はありがとう!」
「おーい、気をつけて行くんだぞ!」


ふたりの雪だるまは、花火缶の通り過ぎた後の夜空を
それからしばらくの間、眺めていました。



おしまい
続きを読む >>
2008.12.24 Wednesday * 19:05 | おもちゃ工場2008年 | comments(0) | -
おもちゃ工場2008・その2
「君のほうは、どうだった?
 どんな 動くおもちゃが 今年は人気だったの?」

花火の缶詰を作った雪だるまが、【足】を作った雪だるまに
訊きました。

「そうだね〜僕のほうはあいかわらずだけど‥
そうそう、ねじ巻き式で動くおもちゃのスクーターに、
12番をつけて欲しいっていうリクエストが何通もきたな。
それと、ちょっと難しかったのが、サーカスの玉乗り象、
かなあ‥
ねじを巻くと象が乗っている玉が動くんだけど、それと
同時に、象が鼻の上の土星を回すんだ。その二つの動きを
シンクロさせるのに、ちょっと時間がかかったかな」

「象が土星を回すって、おもしろいね」

「そうなんだよ。それもリクエストの手紙に絵が描いて
あったんだ。オレンジとチョコレート色の象だったよ」

【足】を作った雪だるまも、窓の方へやってきて、空を
見上げました。

花火缶のこと、気にしているのかな。
どこで、どうしていると思うって、きいてみようかな。

けれど、【足】を作った雪だるまの口から出たのは、予想とは
まったく違う言葉でした。

「あの大きな雲がどこかに行かないと、橇が出発することが
できないね。月の光の導きがなくては、橇は方向を決められ
ないものね」

花火の缶詰を作った雪だるまは、なんだそんなことを気にして
いたのかとがっかりしましたが、そんなそぶりは見せずに
「大丈夫だよ、もうすこしすれば、雲は流れていくだろ」と
言って、作業テーブルに戻りました。

「そうだと、いいけどね。」

【足】の雪だるまは、それから2度も窓を振りかえった後
自分の部屋へ戻っていきました。

さあ、コーヒータイムは終わり。
ここからがほんとのラストスパートです。



その3へつづく
2008.12.23 Tuesday * 09:05 | おもちゃ工場2008年 | comments(0) | -
おもちゃ工場2008・その1
今日は冬至です。1年で一番夜が長い日です。

サンタのおもちゃ工場では、忙しさのピークを迎えていました。
夜が明ける前に、おもちゃ作りを終えて、きれいに包んで
それぞれの方面へ向かう橇に、積み込みを始めなければ
ならないからです。


夕ごはんが終わり、自分の作業部屋で、
食後のコーヒーを飲んでいた雪だるまは、窓を開け、
外を眺めました。
おもちゃ作りが始まった11月から、この時間に窓を開けるのが
日課になっています。

目を凝らしてみても、きれいに輝く星のほか、夜空には
何も見えません。
雪だるまは、小さな小さなためいきを、そっとつきました。

「やあ、調子はどう?」

そのとき、いつも隣の部屋で作業をしている雪だるまが
入ってきました。

「今年は無理難題を言ってきた手紙はあったかい?
去年みたいな【花火の缶詰】を超えるようなのは」

「いいや」コーヒーをテーブルに置いて、雪だるまは
言いました。
「今年は難しいものはなかったよ。ただ、ちょっと工夫
したのはね、手回し式のオルゴールをつけたおもちゃを
作ったとき、その音楽をね、どうしようかと思ってさ‥」

「手回し式オルゴール?」

「そう、パペット人形の男の子と女の子が、舞台の上で
躍るんだ。男の子はギターを持っていて、女の子は歌いながら
タップを踏むんだ。舞台についている横のハンドルを回すとね、
そこから音楽が流れるんだけど‥廻し方とその速さで、
曲が変わる。そこのところが難しかったかな」

「へえ、廻し方で、曲が変わるんだね。今ここに、それは
ないのかい?」

「出来上がったら、すぐに箱にしまっておくことにしたんだよ。
そこのドアが開いて、突然、【足】が入ってきて、パペットの
オルゴールごと、出て行かれたら困るからね」

窓の外にもう一度目をやりながら、雪だるまはそう言いました。

【足】を作った、隣の部屋の雪だるまに厭味を言うつもりは
ありません。起こってしまったことは、しかたがないのです。
ただ、【花火の缶詰】を作った雪だるまは、花火缶にもう一度
会いたいだけなのです。


その2へつづく



続きを読む >>
2008.12.21 Sunday * 20:33 | おもちゃ工場2008年 | comments(0) | -


| 1/1Pages |