Tシャツ好きの着たいTシャツ


オリジナルデザインTシャツのWEB SHOP
【ブーツ&スティックス】のblogです。
デザインのモットーはシンプル&クール。
商品紹介やお店からのお知らせを、マネージャー
hideyoの、ひとりごとにまぜてお届けします。
お店のアドレスはこちら↓【BOOTS&STICKS】
http://bootsandsticks.com

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
Others
Recommend
小さな生き物 【期間限定盤】(SHM-CD + Blu-ray)
小さな生き物 【期間限定盤】(SHM-CD + Blu-ray) (JUGEMレビュー »)
スピッツ
いまのお気に入りは「りありてぃ」
Recommend
おるたな
おるたな (JUGEMレビュー »)
スピッツ
すごくよい!!
Recommend
とげまる
とげまる (JUGEMレビュー »)
スピッツ
まるいけど、とがっていたい
だから「とげまる」だそうです。
Recommend
オキーフの家
オキーフの家 (JUGEMレビュー »)
クリスティン・テイラー・パッテン,マイロン・ウッド,江國 香織
生きることは、どうせ燃やしてしまうだけの暖炉の薪を、美しく積み上げること、と教えてくれた
Recommend
音楽堂
音楽堂 (JUGEMレビュー »)
吉野金次
音楽堂の中のいろんな曲が、気が着くと頭の中で鳴っている
Recommend
さざなみCD
さざなみCD (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
「魔法のコトバ」か「桃」
Recommend
三日月ロック
三日月ロック (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,石田小吉,亀田誠治,クジヒロコ
「けもの道」、次に「ガーベラ」
Recommend
Recommend
夢助
夢助 (JUGEMレビュー »)
忌野清志郎,仲井戸麗市,三宅伸治,Steve Cropper
booklog
facebook
オリジナルデザインTシャツweb shopはこちら
カレンダー
旅とお散歩


もうひとつの象のはなし
象について村上春樹氏が書いた話で、「象の消滅」を
忘れるわけにはいきません。

1986年4月に発売された『パン屋再襲撃』という短編集の
2番目の話として収めれていますが、1993年にアメリカで
短篇選集『The Elephant Vanishes』と表題作になり、
その後、逆輸入というかたちで、その本が『象の消滅』という
短編選集となって、2005年に日本で発売されました。

この『象の消滅』短編選集1980−1991 には、昨日までの
話しに出ていた「踊る小人」も入っています。


「象の消滅」は、ある町で飼われていた老いた象が、ある日突然
象舎から、その飼育員である男性とともに姿を消してしまう
話です。

主人公の「僕」は、知り合ったばかりの女の子にこう言います。

  象という動物には何かしら僕の心をそそるものがあるんだ。
  昔からずっとそうだったような気がするな。どうしてだかは
  よくわからないけれどね。


「僕」は、僕の住む町が老いた象をひきとることになった時から
そのニュースを欠かさずスクラップし、時間を見つけては
時折、象舎へ出かけていって、象と象の飼育員を見てきました。
そして、象舎の中を覗ける場所を偶然発見し、そこから、見学者の
帰ったあとの、象と象の飼育員との、親密ともいえるひとときを
眺めていたのです。

そんな「僕」しか、知りえないような方法で、ある日、年老いた
象と63歳の飼育員は、象舎から、町から、人々の間から
姿を消してしまいます。一体ふたりはどこへ行ってしまったの
でしょう?「僕」が目撃したことは、実際のできごとなのか、
「僕」の妄想なのか、空想なのか…



私はすごく久しぶりに、この話を読んでみて、遠いところの
温泉町の露天風呂に浸かろうとしている男性が、その上着の
ポケットから、手のひらに乗るぐらいの小さな生き物を
取り出して、側にあった桶の中にそっと入れているところを
今、思い浮かべています。

男性の年頃は63か64歳ぐらいで、その桶の中の生き物は、
小さな声でパオーと鳴いています。


2007.09.26 Wednesday * 16:11 | 象工場のはなし | comments(0) | -









<< 象工場 3 | main | Tシャツとアイロン >>